ご利用ガイド

利用の申し込み

利用申し込みの流れ

利用時間区分

午前 午後 夜間 全日
午前9時から正午まで 午後1時から午後5時まで 午後6時から午後10時まで 午前9時から午後10時まで

休館日

原則として第3月曜日(当該日が休日のときはその翌平日)
12月29日から翌年1月1日
※施設設備の保守点検等を行うための休館日を臨時に設けることがあります。

利用申請

講堂及び小ホールの利用申請の受付期間については、1年を4半期に分け、3ヶ月ごとに受付を開始します。

使用月 予約開始日 備考
1  4月~6月 前年2月1日 予約開始日に希望日が重複した場合は抽選とし、
それ以降は先着順で受け付ける。
2  7月~9月 前年5月1日
3  10月~12月 前年8月1日
4  1月~3月 前々年11月1日

連続利用日数

連続利用できる日数については、講堂及び小ホールは14日、会議室、和室、調理実習室、実習室、多目的室及び体育室は7日とします。

利用料金

施設及び附属施設の利用料金については、指定管理者が決定後に確定しますが、限度額については別添の利用料金表を参照してください。

利用の制限について

次の事項に該当する場合には、利用を許可できません。既に利用を許可している場合、あるいは利用中であっても利用を中止させていただくことがあります。また、その場合に、利用者が損害を受けても賠償はいたしません。

  • ・公の秩序、又は善良な風俗を乱す恐れがあると認められる場合
  • ・利用承認申請書(様式第1)の記載に偽りがあった場合
  • ・施設の利用規程、もしくはそれに基づく注意事項に従わない場合
  • ・施設・設備等を損傷または滅失する恐れがあると認められる場合
  • ・施設の管理又は運営上支障があると認められる場合
  • ・関係官庁等から中止命令が出た場合
  • ・上記の他、その利用が不適切であると認められた場合

利用承認申請書の提出について

利用日が確定しましたら、2週間以内に利用承認申請書(様式第1)を指定管理者へ提出してください。
※ただし、平成24年度中に予約したものについては、文化課へ提出してください。

利用料の納付について

  • ・利用承認書(様式第2)を受領後、指定した期日《原則として、利用承認書(様式第2)発行後、2週間以内》までに全額納付してください。納付期限は厳守してください。納付期限までに納付されない場合は利用の承認を取り消す場合がありますのでご注意ください。
  • ・施設利用料は、指定管理者が指定する場所にて原則現金で納付してください。
  • ・附属設備の利用料は、指定管理者が指定する場所にて原則現金で納付してください。
  • ・指定管理者が、特別な理由があると認めた場合には、利用料金の納付期限を延長することができます。その場合、利用者は利用料金納期限延長申請書(様式第8)を指定管理者あてに提出してください。
    ※ただし、平成24年度中に予約した施設利用料は平成25年4月以降に指定管理者が指定する日までに原則現金で納付してください。

利用の変更及び取消しについて

  • ・利用の承認を得ている施設の利用について、1回に限り変更ができます。その場合、施設担当者に速やかに連絡し、講堂等、小ホールについては利用日の30日前までに、会議室、和室、調理実習室・準備室、実習室、多目的室、体育室については利用日の5日前までに、利用承認変更申請書(様式第5)に利用承認書(様式第2)を添えて提出し、変更の承認を受けてください。なお、変更により利用料が増額となる場合は、差額を納付していただきます。
  • ・利用の取消しをする場合には、指定管理者に速やかに連絡し、利用承認取消申請書(様式第4)に利用承認書(様式第2)を添えて提出してください。

利用料の還付について

  • ・原則として、納付された利用料は還付できません。ただし、下記の取り消し届出期間までに、取消しの手続きをした場合には、所定の利用料を還付しますので、利用料還付申請書(様式第10)を指定管理者に提出してください。
  • ・還付は口座振込で行います。
利用承認を受けた施設 取り消し届け出期間 還付率
講堂等、小ホール 利用日の90日前まで 100%
利用日の30日前まで 50%
会議室/和室/調理実習室・準備室/実習室/
多目的室/体育室
利用日の30日前まで 100%
利用日の5日前まで 50%

講堂利用の打合せについて

講堂利用者は公演(催し物)を円滑に進行させるため、指定管理者が指定する日までに、指定管理者と下記の事項について打合せを行ってください。

  • ・利用目的に伴う附属設備(照明、音響、所作台、ピアノ等)に関すること。
  • ・舞台設営(演台、スクリーン等の設置等)に関すること。
  • ・利用者の持ち込み物品(舞台ハンガー、ビデオ等)に関すること。
  • ・利用に伴う他業者への委託業務(ピアノ調律、照明、音響等)に関すること。
  • ・事業進行に関すること。

※ただし、平成24年度中に予約した講堂等については、後日、指定管理者から連絡しますので、日程調整のうえ、打合せを必ず行ってください。

施設利用前の準備について

  • ・観客を入れて施設を利用する場合は、観客整理、非常時の誘導などの必要があるため、指定管理者が指示する人員を場内案内係として配置してください。
  • ・当日券及び物品販売、チラシ等の配布のための人員については利用者側で用意してください。
  • ・原則として、すべての搬出入及び仕込み・本番・解体等におけるスタッフは利用者側で用意してください。
  • ・公演(催し物)の宣伝物について、館内宣伝用としてチラシをお預かりしますので、受付カウンターにお持ちください。

利用当日について

  • ・利用期間中は利用承認書(様式第2)を必ずお持ちください。
  • ・利用時間中、利用責任者は必ず施設内に常駐し、指定管理者と連絡が取れるようにしてください。
  • ・利用施設での盗難及び事故防止については、利用者が責任を持って行ってください。盗難及び事故については、責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ・利用時間及び利用上の注意事項を守ってご利用ください。利用時間には、準備から後片付けまで、施設利用に関するすべての時間を含みます。

利用終了時について

  • ・講堂等、小ホールの利用終了後は、指定管理者立ち会いの上で、利用した施設の備品等を原状に戻してください。
  • ・その他の施設の利用終了後は、備品等を原状に戻した上で、フロントまでご連絡ください。

お問い合わせはこちら

PAGETOP